ボトックス注射で小顔になれる|副作用や注意点を確認しておこう

気になる相場とは

口元への注射

ボトックスはボツリヌス菌という菌を体内に入れる注射ですが、美容として使用される場合には副作用はないと言われています。自由診療の為、クリニックによって料金が異なりますし、パーツによっても差がありますので注意しましょう。

More Detail

使用の際には確認を

注射器

美容整形外科ではよく使用されているボトックス注射は、一定期間シワなどを改善してくれる女性の味方です。主に3つの製剤が使用されることが多いとされており、中には抗体ができやすいという副作用があるようです。

More Detail

施術前に知っておくべき点

まぶたへの注射

表情筋にもたらす影響とは

美容クリニックの人気施術であるボトックス注射は、ほうれい線や額ジワの改善、小顔効果、部分痩せなどの効果をもたらします。メスを使うことなく、注射器のみで行われるためリスクが少なく、ダウンタイムもほとんど無いといったメリットを持つ施術方法です。皮膚を切開したり、縫ったりすることがありませんから、手術跡が残る心配もありません。そのため、現在では気軽に受けられるプチ整形として、人気を集めています。安全性が高いボトックス注射ですが、これから施術を受けるのなら、副作用が起きる可能性についても知っておく必要があるでしょう。ボトックス注射には、ボツリヌス菌から精製された筋肉を弛緩させる成分が使用されています。筋弛緩作用を利用して固くなった筋肉を柔らかくすることで、ほうれい線やマリオネットラインなどのシワを薄くし、エラを緩和するというものです。発達しすぎた筋肉や緊張し固まった状態にある筋肉を弛緩させ、アンチエイジングや小顔効果を与えます。額ジワやほうれい線の改善にボトックス注射を用いた場合、表情筋が動きにくくなるなどの副作用が考えられるでしょう。筋肉に力を入れにくくなるため、表情が動かしづらい、笑顔が硬く見えるなどの症状がでる可能性もあります。また、目の周りの筋肉に作用した場合、目が開けづらかったり、瞼が重く感じたりするといった副作用も起こりえます。小顔施術としてボトックス注射を用いた場合、エラが小さくなることで頬が痩せて見えるなどのケースもあるようです。顔の脂肪が少ない場合、筋肉がゆるむことで顎から頬全体が細くなる場合があるといわれています。理想的な仕上がりにするためには、医師としっかり相談し、自分の顔に合った方法で施術を受ける必要があるでしょう。注射器を使用する施術ですから、身体への負担が小さく、痛みも少ないとされていますが一時的に腫れや疼痛が起こることもあります。また、注射器によって異物を注入するため、身体が反応し、注射部位に内出血や熱が生じる場合もあります。しかし、腫れや疼痛、内出血などの症状は一時的なものであり、通常1〜4週間程度で自然に治まっていくでしょう。美容目的でボトックス注射を行なう場合、使用される薬液の量が少ないため、深刻な副作用が起きる可能性はごく低いものだといわれています。また、ボトックスの効果は永続的なものではなく、およそ6ヶ月間程度持続し、自然に元の状態へ戻るというものです。これらの点から、ボトックス注射により深刻な副作用が起きる可能性は、非常に少ないといえるでしょう。安全性が高いボトックス注射は、繰り返し施術を受けることが可能なため、定期的な美容ケアとして施術を受ける人も多くいます。副作用を避けるためには、信頼性の高い医師を選ぶこと、仕上がりについて自分の希望をはっきり伝えることが大切でしょう。最初から強い効果を期待するのではなく、初回の施術では薬液を少量にし、様子を見ながら施術方針を決めていくというのも良い方法だといえます。ボトックスが持つ作用と効果を知り、その性質を把握した上で安全に施術を受けましょう。

簡単にしわを改善

女性の口元

若返り効果を得る為にお勧めするのがボトックス注射です。目尻のしわやエラ張りなど改善することが出来ますが、まれに副作用としてアレルギー症状や眼瞼下垂などの症状が現れてしまう場合もあるので、その場合はすぐに医師に相談しましょう。

More Detail

TOP